バナークリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
資産運用

【元本100万円】米国株投資ポートフォリオ☆損益状況を公開!2021.7.23

米国株投資アイキャッチ2021.7.23

現在、元本100万円以下(約90万円)を米国株に投資しています。

米国株は1株から購入できるので、世界的に有名なAppleやAmazonなどの企業の株を少額から購入することができます。

他にもつみたてNISAを利用して投資信託の積立投資やネオモバで高配当株投資も行っています。

【前回の米国株についての記事はこちら↓↓↓】

FASを損切り【元本100万円以下】米国株投資ポートフォリオ☆損益状況を公開!2021.6.20 現在、元本100万円以下(約80万円)を米国株に投資しています。 米国株は1株から購入できるので、世界的に有名なAppleやAmazo...

【前回のネオモバ高配当株ポートフォリオの記事はこちら↓↓↓】

2021.7.11現在【元本約25万円】ネオモバ高配当株ポートフォリオの現状報告!予想配当金1万円突破2021年7月11日時点でのネオモバ高配当株ポートフォリオの状況をお伝えしています。損益状況や予想受取配当金額も公開しているので、「配当金投資がしたい」「高配当株に興味がある」という方は、ぜひ参考にしてみてください。先月から保有銘柄に変化はありませんが、2銘柄の買い増しを行いました。...

今回は前回から売却した銘柄と新しく購入した銘柄についてお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・米国株投資に興味がある

・米国株投資は儲かるのか知りたい

・他の人がどのような銘柄に投資しているか知りたい

なるべくハッピーに!!

関連記事

【米国株投資のマイルール↓↓↓】

【投資成績UPの秘策!?】米国株投資5つのマイルール☆負けない投資で資産拡大! 今回は米国株投資におけるマイルールについてお伝えします。 「これから米国株投資を始めようと思っている」「最近、米国株投資を始めた...

【為替手数料を安く抑えたい方はこちら↓↓↓】

【開設必須】SBI証券で米国株投資をするなら住信SBIネット銀行で外貨積立がオススメSBI証券で米国株投資をするなら、住信SBIネット銀行の開設が必須な理由と外貨積立がオススメな理由をお伝えします。外貨積立をすれば為替手数料が他の証券会社より格安で済むだけでなく、為替の変動リスクも抑えることができます。...

【米国ETFの自動積立をするメリット↓↓↓】

【ほったらかしでOK】米国ETFをコツコツ自動積立で投資するメリット5選&オススメの証券会社米国ETFを自動積立するメリットは①少額から購入可能②手数料の安い優良商品に投資可能③アセットアロケーションの調整が簡単④ドルコスト平均法でリスク分散ができる⑤管理が楽という点です。SBI証券では、米国ETFの自動積立が可能なので「初心者だけど投資の勝ちパターンが知りたい」「楽に・簡単に投資を行いたい」という方は口座開設をオススメします!...

【米国ETFを自動積立する方法↓↓↓】

【投資の王道勝ちパターン】SBI証券で米国ETFの自動積立をする方法SBI証券で米国ETFの自動積立設定をする方法についてお伝えします。自動積立をすることで毎月買付をする手間が省けるだけでなく、「株価が上がっているから今は買付をやめようかな」など感情に左右されることがなくなりますし、買付忘れも防止できます。「インデックス投資がしたい」「直接市場で売買したい」「分配金を別の商品に再投資or普段の生活で使いたい」「できるだけ楽に&簡単に資産形成していきたい」という方は、SBI証券の口座開設をするメリットがあるかと思います。...
モトリーフール

保有銘柄・損益状況

現在のルール

・ETFを4〜6割保有する

・VTIの毎月積立投資を行う(毎月1株)

・個別銘柄は最大10銘柄まで

・決算が悪かった銘柄は利確or損切り

以上の4つを意識して米国株投資を行っています。

VTIの毎月積立投資はSBI証券を利用しています。

SBI証券は一度設定をしておくと毎月自動で買付をしてくれるので、定期的に住信SBIネット銀行からSBI証券へドルを入金するという以外の作業は特に必要ありません。

1ヶ月前の保有銘柄・損益状況

まずは1ヶ月前のポートフォリオを確認します。

VTIに関しては、楽天証券とSBI証券それぞれで保有しているものを合計しています。

その他の銘柄に関しては楽天証券で保有しています。

タップ・クリックで拡大表示されます

2021年6月20日時点米国株PF
2021年6月20日時点
米国株ポートフォリオ2021.6.20

現在の保有銘柄・損益状況:先月比+1891.08ドル

続いては、現在保有している銘柄と損益状況をお伝えします。

なお、ドル/円については2021年7月23日時点のレートで計算しています。

米国株ポートフォリオ2021.7.23
米国株ポートフォリオ2021.7.23円グラフ

なるき
なるき
運用額が100万円突破!!

追加購入銘柄・新規購入銘柄

ここからは前回から追加購入・新規購入した銘柄をお伝えします。

今回は1銘柄の追加購入と2銘柄の追加購入をしました。

2021年6月24〜7月23日購入銘柄

CRWD:追加購入5株

CRWDは直近の高値250ドルあたりを超えたら購入しようと考えていました。

購入タイミングの練習にと、一気に買うのではなく2,3回に分けて購入しようと思っており、2021年6月22日に高値を更新しましたが、すぐには買わず2日様子を見て購入し、そこからしばらくして更に上がったタイミングで買い増しをしました。

CRWDチャート

AAPL:新規購入5株

AAPLもCRWD同様に直近の高値を超えたところで新規購入しようと狙っていた銘柄です。

高値にタッチしたところで購入し、その後しばらく下落しましたが、現在は上昇し含み益が出ているので、一応は成功と言えそうです。

なるき
なるき
安全にいくならもう少し待つべきやったかな…

BIGC:新規購入10株

2021年7月7日にAmazonと物流統合することが発表されました。

これはAmazonで販売しているかどうかに関係なく、Amazonの注文処理サービスを使用して、eコマース注文をより簡単、便利に処理でるようになるとのことです。

そして2021年7月20日には、「南米のAmazon」と呼ばれているMercado Libre(MELI)とパートナーシップを締結 BigCommerceの商品がMercado Libreのマーケットプレイスを使ってラテンアメリカ全土に販売可能になるという発表もありました。

なるき
なるき
これから更にネットショッピングが加速しそうやから期待を込めて購入したで!

売却した銘柄

続いては売却した3銘柄をお伝えします。

売却銘柄

LYFT:利益確定

コロナが終息すれば外出が増え、LYFTのライドシェアサービス利用が増えると思い保有していましたが、デルタ株の感染が拡大してきたので、利益は少しでしたが早めに売却をしました。

またコロナが落ち着きそうなら購入しようかと考えています。

ICLN:損切り

2021年の年明けにバイデン大統領のインフラ計画で上昇するかと思い購入しましたが、購入以来株価が右肩下がりになっていたため損切りを行いました。

SQ:一部利益確定

株価がいきなり10ドルほど下落した日があったので、約20%ほどの含み益を確定したいと思って一部を売却しました。

その後株価は回復・上昇しているので、一部だけ売って正解だったかと思います。

squareのPOSシステムは仕事でも使用しており、使い勝手が良く気に入っています。

この銘柄とは何故かかなり相性が良く、今までも何度か購入・売却を繰り返していますが、まずまずの利益を産んでくれているので、また様子を見て買い戻したい銘柄です。

まとめ:米国株はリスクもあるが楽しい!

米国市場は日本よりも遥かに大きな市場で、世界中の投資家が集まっています。

1日で株価が上にも下にも激しく動くこともありますが、しっかりと勉強していくと成果も生まれやすい市場です。

今は翻訳ツールを使えば簡単に英語の情報がチェックできます。

僕自身、英語のリーディングスキルは皆無に等しいですが、Google翻訳のおかげで米国株の情報をチェックできています。

「英語が分からないから」「日本に住んでるなら日本株でしょ」などの考えは捨てて、少額からでも米国株投資を始めてみて、実際に投資をしながら勉強していくのがオススメです。

米国株は1株から投資可能です。

現在保有している世界的に有名な有料企業アップル(AAPL)が2万円ほどで購入できます。

まずはご自身が知っている企業や身近な企業に投資するのもありだと思います。

証券口座をお持ちで無い方はまず開設から始めましょう!

PVアクセスランキング にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ